2017年11月20日 (月)

11月の“フェアアイル日和”終了

急に寒くなった、土曜、日曜。
でも“フェアアイル日和”は、フェアアイルが大好きなたくさんの方が集まってホッカホカに♪

今回も、いろんな内容をレッスンしましたね。
でもこの度は参加された方が多かったので、わたしが回っていくまでに少しお待ちいただくことも・・・。
申し訳ございませんでした。

しかし、とってもにぎやかで楽しい2日間でした!

この2日間を振り返ると、希望寸法に仕上げるためにゲージから計算をして、身幅の柄の入り方、着丈の柄の入り方についてレッスンをする方が多かったですね。

「フェアアイルは柄がきれいに入ることを優先してセーターの大きさがきまる」、
とも言われたりします。

だけど、好きな色柄模様のフェアアイルを体に合った寸法で着たいですよね。
そのように出来上がりの大きさを変更をするには、一柄の大きさを変えるなどしていかなくてはいけません。
慣れていないとちょっと戸惑うことも。
でも、コツをつかむことができれば、パズルみたいで面白いのです!
教室に通われている方の中には、この作業が一番好き!という方も♪
今回の教室では、そのようなお手伝いをたくさんしました。

そして、
ニッティングベルトでの編み方を練習られた方も、
『ハナエミのバック』の教材キットで基本をレッスンした方。
『old memory』や『Butterfly』の特徴的なシルエットとなる肩下がりの引き返し編みの説明、
などなども。

そして、またまたカレンダーを見てびっくりなのですが、来週の週末からは“ワークショップ in 東京”が開催します。
参加される皆様が同じキットを一斉に編み始めるスタイルのワークショップも、またとっても楽しいですね♪
さぁ東京でも、フェアアイルのあれやこれやとしっかりとお伝えできるよう頑張らなくては!

11月の“フェアアイル日和”に参加いただいた皆様、ほんとうにお疲れ様でした。
お家でも、引き続き頑張って編み進めてくださいね♪

|

2017年11月14日 (火)

11月の“フェアアイル日和”

11日、いつもより少しだけ早起きをして、洗濯をして、ご飯を食べて、福ちゃんの面倒を見て・・・いつもの朝の用事を済ませて、そして8時にはパソコンのスイッチを入れました。
ウイルスバスターやなんだかんだの受信をいろいろ勝手にし始めるので、9時までにはパソコンが安定させなくてはいけません。
8時半にはパソコンの前に座って、返信用の文面をメモに用意をして・・・。
そして、忘れてはいけないのが、スレットをオフにすること。
こうしておけば、受信をした順からメールが並び、フォルダーに分けられてメールを見失う、ということも無くなります。
そして・・・

ということから始まった11日のワークショップ in 東京の申し込み日。
2・3日しか過ぎていないのに、なんだか密度の濃い毎日でした。
今日あたり、参加となった皆さまのところに案内状が届くと思います。
カレンダーを見てみると、2週間とちょっとで東京でのワークショップなのですよね。
慌ただしい感じですが、皆さま道具などのご準備よろしくお願いいたします。

そして、この週末は岡山での“フェアアイル日和”です!

こちらはこちらで、東京でのワークショップとは違った内容なので、またおもしろいです!
それゆえでしょうか、11月は関東からのお越しの方もたくさんいらっしゃいます。
皆さまは、これからスタートをしようとするカーディガンやベストのキットを持って、
そしてカーディガンを編み進めていくなかで次へのステップのレッスンをご希望されたりと、お一人お一人のテーマを持っていらっしゃいます。

さぁ、どんな質問をいただいて、どんな“フェアアイル日和”になるでしょう♪
しっかりとレッスンをしながら、楽しい1日にいたしましょう!

そしていつもながらご迷惑をおかけいたしますが、岡山での教室のため16日(木)~19日(日)の間のten old の業務はお休みとなります。
その間にいただきましたメール・ファックス、また商品の発送は、20日(月)以降となります。
どうぞ、ご了承お願いいたします。

それでは、岡山の“フェアアイル日和”にご参加の皆様、会場の「ルヴィオ」でお越しをお待ちいたしております!

|

2017年11月11日 (土)

“ワークショップ in 東京”参加申し込みありがとうございました。

12月は年末月で、何かと忙しい頃です。
ですが、“ワークショップ in 東京 2017 冬”の参加申し込みをたくさんいただき、ありがとうございました。
2日(土)・3日(日)・4日(月)の3日間ともに、定員となりました。
ほんとうに、うれしいことです。

教材キットのテーマが、皆様にとってフェアアイルについて知りたいことが盛り込まれているか・・・
そしてその教材キットを編みたい!と思い、ワークショップに参加申し込みをいただけるか・・・
東京でのワークショップが5回目でも、ドキドキとするものですね。

このように参加の申し込みを頂戴することで、皆さまがワークショップの開催を楽しみにしていただけていることを知り、さぁ!しっかりとお伝えをして楽しんでいただけるよう頑張らなくては!と強く思います。

思えば、3週間後なのですよね。
あらためてカレンダーを見て、なぜかびっくりしました。
3週間後には、ご一緒にフェアアイルのレッスンをしているのかと思うと。

さぁ、はりきって準備をしなくては!

そして、この度は定員となってしまいご参加が叶わなかった方には、大変申し訳なく思っております。
できれば申し込みをいただいた皆様全員とフェアアイル編んで楽しい1日を過ごしたいのですが、それも難しく・・・・。
次回、日程のご都合がよろしければ、ぜひ申し込みくださいませ。

と・・・、実は密かにnew教材キットが完成しているのです♪
セーターなどの作品になっていない、初公開のものです。
楽しみにしていてくださいね♪

ご参加いただける皆様!近々案内状をお送りしますので、それを見て準備をしてくださいね。
ではワークショップ in 東京 の当日、皆様のお越しを会場でお待ちいたしております。
楽しい“フェアアイル日和”にいたしましょう!

|

2017年11月10日 (金)

“ワークショップ in 東京 2017 冬”明日、受付開始です。 

1668old_memory_1_2

 
いよいよ、明日の11日が“ワークショップ in 東京 2017 冬”の受付開始日となりました。
告知をしてから、あっという間でしたね。
 
申し込みは、件名を「17東京ワークショップ」とご記入いただき、
氏名・住所(郵便番号もお書きください)・電話番号・参加希望日時を書いて送信してください。
 
ファックスの方は、必ずファックス番号もお書きくださいね。
 
詳しくは、ホームページの“ワークショップ in 東京 2017 冬”をご覧ください。
 
明日11日に申し込みのメール・ファックスをいただきましたら、11日の内に返信をいたします。
お一人ずつ返信をしていくので、時間がかかります。
申し訳ございませんが、お待ちくださいね。
 
携帯電話からメールをいただいた方で、11日に申し込みをしたのにその日のうちにten old から返信がない場合は、受信拒否をしている可能性があります。
携帯からお買い物をしたとき返信メールが届きにくいという方は、迷惑メール受信拒否の設定が強くなっている場合があります。
このような設定は、各電話会社のお客様サポートに入っていって行います。
わたしも勉強不足ではっきりとお教えできないのですが、
ten old のメール(y-omura@nifty.com)を受信可能リストに設定したり、不安な方は検索をして確認をしてみてくださいね。
または、申し込み時にファックス番号もお書き添えください。
 
それでは明日!「9:00」からの受け付けとなります。
皆さまのお申込み、お待ちいたしております!

|

2017年11月 8日 (水)

『来春のベスト』の制作♪

41

 
来る冬の頃ですが、『来春のベスト』を制作中。
 
この色柄模様を編んでいると、いつも気分がご機嫌に♪
 
ピンク色だから?
 
それとも...たまにあらわれるこの水色が好きだから?
 
さくさくさく・・・・・♪と快調に針先は毛糸をすくっていきます。
 
本体はもう編めたので、残すはゴム編みのみです。
 
ベストの仕上がりの美しさと着やすさを決めるのがゴム編み。
 
二目ゴム編みの目数をしっかりと計算をして、バランスの良いゴム編みを作らなければ。
 
あと少しで完成。
 
楽しみましょう♪

|

2017年11月 5日 (日)

ビギナーさんのための『old memory のバック』

L1668_old_memory_2
 
ten old のワークショップ in 東京に参加をして、憧れのフェアアイルにチャレンジをしてみたいけれど・・・いきなり編地を切る技法までは・・・。
と不安に思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
そんなビギナー中のビギナーさんのために、ワークショップではスティークのないバックを編める用意もしています。
編み込みも初めて、2本の糸の持ち方もよくわからない、というビギナーさんは、
まずはこのバックで基本となる編み込みを練習していただけます。
2本の糸で編む「編み込み」を練習をして、柄模様が出来ていくフェアアイルの楽しさを、まずは感じていただければと思います。
 
でも!今回のワークショップのレッスンのテーマは「スティーク」についてです。
皆さん、がんばってチャレンジをしてくださいね!

|

2017年11月 2日 (木)

12月の“フェアアイル日和”受付がはじまりました。

このころになると、
「家族のクリスマスプレゼント何を作って贈ろうかな~」
なんて楽しい悩み事をし始める方もいらっしゃるかもしれませんね。
ten old の教室でも、皆さま頑張られていますよ♪

作品を作り始めるときにいつも出来上がりの希望寸法を聴くのですが、
夏を過ぎたころからご家族のものを編みたいという方が多くいらっしゃいました。
そして今、クリスマスに向けてレッスンをしながら頑張って編み進められています。

教室では、そんなお手伝いができていることに、ほんとうにうれしく思うのです。

そして、12月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”の受付が始まりました!

12月は年末月で何かと忙しいとき。
その忙しさの中で、家では自分の時間がとりにくいですよね。
そんなときは教室にご参加いただいて、ご自分へのご褒美としてゆっくりと編み物をして楽しい時間をお過ごしください。

皆さまのご参加お待ちしております!
楽しい“フェアアイル日和”にいたしましょう♪

|

2017年11月 1日 (水)

『poco a poco 』の手袋とミトン♪

G14645_poco_a_poco_2

 
 
小さな手袋やミトンになると、
大きなプルオーバーとはまた違った印象になりますね。
 
柄模様がギュッと濃縮されて、
『poco a poco 』の世界がより強く届いてくるようです。
 
大切な方のために編んで、
クリスマスのプレゼントにいかがですか♪
 
G14646_poco_a_poco
 

|

2017年10月27日 (金)

“ワークショップ in 東京 2017 冬”について

“ 2017 冬”で、東京でのワークショップは何回目になるのでしょう・・・?
『散歩』、『snow-snow』、『snow and tree』、『ハナエミ』だから・・・5回目?でしょうか。
主に1年に1回の開催。
個展のない冬は、秋と冬と2回開催したこともありますね。
1回目はとうぜん多くの皆様にとっては、ten old のワークショップは初めて。
わたしも東京では初めてだったので、ドキドキしながらの開催でした。
そして、2回目、3回目と回を重ねながら、毎回参加していただく方も多くみられるようになりました。
もちろん、初めての方もたくさんいらっしゃいます。
一度でも参加いただいている方は、ten old のワークショップの講習の進め方や雰囲気をご存知ですが、初めての方にとっては何かと不安ですよね。
ということで毎回の恒例となりましたが、いただいた問い合わせや、前回も掲載したQ&Aをリライトして説明をさせていただきます。
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
Q. マフラーや帽子は編んだことがあるのですが、大丈夫ですか?
A. 棒針で表編みができれば、楽しみながら編んでいただけると思います。
Q. 教材キットの『old memory のボタンのバック』は、難しいですか?
A. フェアアイルの特徴的な技法「スティーク」を学べるバックですが、ニットテクニックはごく一般的な基本の編み方で編んでいきます。
でも「編み込みを編むので精一杯・・・」という方もいらっしゃると思います。
ということで!ビギナーの中のビギナーさんのために、ボタンが付かないバックも用意しています。
こちらについては、またブログでお知らせをしますね♪
Q. 多色使いの編み込みはしたことがないのですが、フェアアイルを編むことはできますか?
A. 「編み込み」と一口に言っても、いろいろな種類の編み方があります。
ですが、そのなかでもフェアアイルの編み込みは一番簡単だと思います。
手に持って編む糸は常に2本(2色)だけで、ぐるぐると輪に表目だけで編みます。
基本的には、平編みで往復に編むこともなく、裏編みもありません。
 
Q. フェアアイルはあの長い棒針で編まなければいけないのですか?
A. わたしはニッティングベルトを使用するので、棒針3本で編みます。
ですが日ごろ棒針を使っている方でも、ぐるぐると輪に編むことに慣れていない方は、4本針がいいでしょう。
またフェアアイルを編まれる方の中には、輪針で編まれている方も多くいらっしゃいます。
輪針を使い慣れている方は、輪針で編んでください。
針の素材は、竹製でも、アルミ、スチール製など、編みやすいものをお使いください。
 
Q. 編み込みをする場合の糸の持ち方の決まりがあるのでしょうか?
A. ちなみにわたしはニッティングベルトを使って編むので、右手の指に2本の糸をかけて編みます。
ですが、他にもいろいろと糸の持ち方があります。
右手と左手に2本の糸を振り分けて編む方、また左手に2本の糸をかけて編む方と、人によって編みやすい糸の持ち方はそれぞれです。
というように、糸の持ち方に決まりというものはありません。
初めての方は、このワークショップでご自身のやりやすい糸の持ち方を見つけていきましょう。
またそのお手伝いをさせていただきます。
 
Q. ニッティングベルトを持っていって勉強をしてもよいですか?
A. どうぞお持ちください。
ニッティングベルトに慣れていないときにいきなり大きなセーターだと大変ですが、バックなどの小さなもので編む練習するのがいいですね。
また、ニッティングベルトで編むコツなどもお教えいたします。
 
Q. なんだか初めてお会いする皆様の前で編むのが緊張します・・・。
A. そうですよね。
でもそれは皆様も同じ気持ちのようですよ。
緊張されて頭が真っ白になって家ではできていることができなかったりと、そのような光景をよくお見受けします。
でも大丈夫です。
岡山での教室もそうですが、ten old のワークショップはお一人お一人の進むペースを大切にしています。
たとえ同じご質問も何度でもお教えいたしますので、安心してください。
 
Q. 参加申し込みの時、希望日を第1希望日、第2希望日、第3希望日と書いてもいいですか。
A. はい、ご都合のよい日が複数ある場合は、第1希望日、第2希望日・・・とお書きください。
第1希望日の予約が取れなかった場合は、第2希望日の定員が空いていたら、第2希望日で受付をいたします。
 
☆ 「old memory のボタンのバックのレッスン」がメインとなるワークショップでそれが前提となりますが、
レッスンの進み方の余裕があると感じた場合、ワークショップ後半でお手持ちのキットのわからないところなどお教えいたします。
スティークがよくわからない、減目をしながらスティークをするのはどうしたらいい?、スティークの始末の仕方をしりたい、
などなどのフェアアイルの技法についてお答えをさせていただきます。
そのようなご質問をいただいた場合、ご参加の皆様も聞いていただければ、よりフェアアイルのことを知っていただけることと思います。
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 
岡山でも教室を開催し皆様にフェアアイルをお教えするようになってから、より大切にしている言葉があります。
それは、「楽しむ!」こと。
20年前にフェアアイルのことが知りたくシェットランド諸島の島々を巡り、いろいろなニッターさんに話を伺いに行きました。
「これで合っているのか。正解か」と質問をするわたしに彼女たちは言いました。
「あなたが言っている方法も正解よ。
でも作り方はなんだっていいのよ。あなたにあう方法だったら。」
「そんなことより楽しみましょうよ。だってフェアアイルを編んでいるのよ。こんな楽しいニットは他にはないわ。」
 
その言葉を胸に長年フェアアイルを編んできました。
そんな日々の中で、彼女たちが言う「楽しむ」は、ただ楽しいという単純な意味だけではないことを知りました。
もちろん、色とりどりの毛糸を使って編み込んでいくフェアアイルは楽しいものです。
でもそこに至るまでに古のシェットランレディーが、考え、工夫をしてきた苦労も感じるのです。
工夫も、苦労も、「楽しむ」。
フェアアイルには心をギュッとつかむ魅力があります。
 
教室などでお教えする機会が増えた今、基本テクニックをお伝えするだけでなく、心がけていることがあります。
正解は一つだけでなく、「その方に合う方法を一緒に見つける」ということです。
彼女たちの言葉をかりれば、フェアアイルというこんなに楽しい編み物をしているのだから、ストレスなく存分に感じてほしいのです。   
東京でのワークショップでも、そのお手伝いをさせていただきます。
 
さぁ、ten old とご一緒にフェアアイルを勉強してみませんか?
皆様のご参加、お待ちいたしております。
そして、楽しい“フェアアイル日和”にいたしましょう。   

|

2017年10月23日 (月)

10月の“フェアアイル日和”終了

台風の雨降りのなかの開催となった“フェアアイル日和”。
会場がルヴィオになって、搬入・搬出が雨降りになったのは初めてでした。

といっても、今回も台風をものともしないほど、楽しく、賑やかに、そしてしっかとフェアアイルのレッスンをしました。

教室でいつも思うのが、一つ一つのことに時間がかかって苦労している様子もありながら、でも我慢強く習得しているご様子に、ほんとうに素晴らしく感じます。
そして、そんなとき隣でいられることのうれしさ。
上手くいった時、理解できた時、完成したときと、いろんなうれしい瞬間を一緒に味わえるたびに、
自分の中ではしっくりとこないものの、ありがたくも先生と呼んでいただき(・・・恥ずかしいので、先生じゃない方がいいのですが・笑)、フェアアイルの編み方やいろんなコツをお伝えしていてよかった、と。

この10月の教室もそんな感動をいただきながら、楽しく終了しました。

そして!11月11日には“ワークショップ in 東京 2017 冬”の受付開始となります。
「ワークショップに参加してみたいけれど・・・ちょっと不安」と思っている方にも、安心して参加申し込みをしていただけるように、11日までにちょこちょこっとブログで追加のお知らせをしますね。

それに!11月1日のホームページ更新では、12月の岡山での教室“フェアアイル日和”の受付が始まります。
岡山では、フェアアイルの深い部分までもレッスンをしていますので、こちらもご参加くださいね。

それでは、11月の“フェアアイル日和”も、楽しく!しっかりと!レッスンをしていきましょうね♪

|

より以前の記事一覧