2018年8月 8日 (水)

2色で編む二目ゴム編み

2

 
「あー、あともう少しで完成だ♪」と二目ゴム編みを編んでいると、やっぱり頭の中を過ぎるのです。
「2色(2本)で編む二目ゴム編みの裏目が飛び出てこないように編むとは、わたしはいったいどのような手の加減で編んでいるのだろう・・・」と。
 
「裏目が表目より飛び出るんです・・」と、教室でよく質問されます。
わたし自身が編んだものは裏目は飛び出ないのですが、無意識に編んでいるのでどうしてそう編めているのかが今一つはっきりとわかりません。
 
裏目が飛び出ている編地を見ると、その様子から裏目の目がゆるく編まれていて、そして裏をみると渡り糸のバランスが悪いのは読み取れます。
でも、さてその原因を素直に対処すればきれいな2色の二目ゴム編みを編むことができる、とはならないのが不思議なのです。
 
お一人お一人の編む手の特徴もあり、解決方法は一つではないようです。
これは教室で、たくさんん方にお伝えをしているうちに気がつきました。
やっぱり奥が深いですね、フェアアイルは。
だから面白い♪
 
もっと研究をしなければ!
そして、教室でその方に合った美しく編む方法を、さらにわかりやすくお伝えできるようになりたいですね♪

|

2018年8月 3日 (金)

『old memory のボタンのバック』 教材キット♪

1668old_memory_1

 
この教材キットは“ワークショップ in 東京”で発表した作品。
そしてこの9月から、岡山の教室でも編んでいただける準備が整いました。
 
『old memory のボタンのバック』は、小さいバックながらフェアアイルのおもしろいテクニックがたくさん盛り込まれています。
「スティーク」というものを編み足しながら輪にぐるぐると編み上げ、そしてその「スティーク」をハサミで切る!
フェアアイルの特徴的な技法ですね。
 
この技法がわかれば、ショールやカーディガンを作るときの理解が深まります。
 
岡山の教室に参加される方にも-とくにビギナーさんにも-、この教材を編みながらフェアアイルのおもしろさを感じていただければうれしいですね♪
 
1668old_memory_2_2

|

2018年8月 2日 (木)

9月の“フェアアイル日和”受付がはじまりました。

なんだか“ピン!”とこないですよね・・・8月の夏真っ只中にフェアアイルニット教室と言われても。

わたしはまだ年中フェアアイル三昧な日々なもので・・・時々アクリルたわしを編んだりカーテンを縫ったりもしますが・・・、猛暑だろうがガシガシと毛糸を編んでいます。
今もオーダーのカーディガンを編んでいて、「今日の目標!袖1本を編みあげるぞ!」と自分に気合を入れながら制作しています。
・・・と言いながら、窓から外を見ていると「気持ちのいい夕日だったら、夕飯の支度前に海まで散歩に行こうかなあー」と、さっそく気持ちが逸れそうですが。
 
でも、日没時間も日に日に短くなって、少しずつ少しずつ秋に近づいているのを感じます。
さぁ、そろそろ来る毛糸のシーズンのことも楽しく計画するのもいいかもしれませんね。
 
この夏も頑張って編み進めている皆さん。
そして、来る編み物シーズンからフェアアイルにチャレンジしたいと思っているビギナーさん。
皆さんと楽しく、そしてしっかりとフェアアイルのレッスンをいたしましょう。
皆様のご参加お待ちしております!

|

2018年8月 1日 (水)

『march』の新作ミトン

G1014748march_2

 
 
「ミトンみたいな小さなスペースに、物語のある世界を編み込めないだろうか」
と、ぼんやり考えていた時に思い出したのが、「natural -  march 」のパターン。
 
ヒースの原野で暮らすシェトランドシープの姿が、
冬の風から両手を守ってくれます。
 
白の子ひつじを編み込んだ「チャコール」と、
グレーの子ひつじを編み込んだ「ベージュ」の2種類のパターンをご用意しました。
どちらのミトンが、お好みですか♪
 

|

2018年7月24日 (火)

7月の“フェアアイル日和”終了

岡山も例外なく猛暑となった、この土曜、日曜。

街の中の気温は36℃ほど・・・。
こんな気温では、毛糸などさわりたくはないですよね・・・。
 
なんて、汗をかきかきお越しになった直後は話していたものの、
レッスンがどんどんと進むごとに外の暑さも忘れ、フェアアイルの世界にどっぷりと入っていきました。
 
今回は、新しいキットでスタートをする方が多くいらっしゃいました。
ご自分のためのベスト。
お父さまのために編まれるカーディガン。
少しだけペアーに見える、ご主人様とご自身のベスト。
この冬に着たい方やプレゼントをしたいと考えられているのでしたら、この真夏に編みはじめなければいけませんね。
 
ということで、今回の教室ではゲージから希望寸法の目数を割り出す方法、そしてその目数に柄模様を入れ込む方法をレッスンした方が多かったですね。
その他にも、いろんな内容をお伝えしました。
ちょっと思い出してみると・・・。
 
・二目ゴム編み止めの止め方と、美しくとめるコツ。
・2種類のスティークの始末の仕方と、そのコツ。
・二目ゴム編みのⅤネックの作り方。
・肩下がりの引き返し編みについて。
・各所の二目ゴム編みの、ゲージから考える適正目数の割り出し方。
 
あとは・・・、総柄模様と、ボーダーに構成された柄模様の特徴の違いについてもお話しました。
皆さま熱心に聞いていただき、どんどんとフェアアイルの世界に引き込まれているご様子でしたね。
でも・・・・・話す内容の中には、わたしが数百枚と編んできた中で(・・・恐ろしい数ですね・・自分でもびっくりします)気づいたことやその工夫もあるのですが、なにぶん伝え下手なのが大問題。
もっと、精進しなければいけませんね。
 
とこんな様子で、たっぷりとレッスンをしてあっという間に過ぎた4時間でした。
 
8月の教室はお休みなので、次回は9月です。
9月の教室の日程は、8月1日にホームページでお知らせをいたします。
受け付けは、その後、開始となります。
 
“フェアアイル日和”に通われている方も、そして憧れのフェアアイルを編みたいというビギナーさんにも楽しんでいただけるよう、二か月後の9月に向けてしっかりと準備をしたいと思います。
 
そして!皆様のご参加、お待ちしております!

|

2018年7月18日 (水)

7月の“フェアアイル日和”

ほんとうに暑い毎日です。

朝からすでに暑いです・・・。
温度計を見ては「部屋のなかは29度か~・・・外は32度・・・。あと1度ずつ気温が上がったらエアコンを入れようかな・・・」と、
毛糸を編みながら暑さと勝負です。
 
・・・なんて書いていると、
となりの部屋から聞こえてきたテレビのニュースで、
「ためらわずにエアコンを入れてください」なんて言ってました。
 
さぁ、そんな猛暑の頃ですが、7月の教室が近づいてきました。
今年の前半最後の“フェアアイル日和”です。
来るウールのニットシーズンがより楽しいものになるよう、いろんなことをレッスンしていきましょうね。
そして教室がない二ヵ月間が困らないように、お一人お一人にしっかりとお伝えいたしますね。
 
ということで、いつもながらご迷惑をおかけいたしますが岡山で開催する教室のため、20日(金)~23日(月)の間のten old の業務はお休みになります。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信、発送業務は、24日(火)以降となります。
どうぞ、ご了承お願いいたします。
 
それでは“フェアアイル日和”にご参加になる皆さま、暑さに気を付けてお越しくださいね。
会場を心地のよい適温にしてお待ちいたしております!
 

|

2018年7月 3日 (火)

8月のフェアアイル教室“フェアアイル日和”はお休みです。

猛暑となる8月。
こんな真夏は出かけるのも大変なうえに、毛糸をさわる気分にはなりませんよね。
ということで、8月の教室は毎年お休みにしています。
 
次は、9月。
9月の教室の日程は、8月1日にホームページでお知らせをします。
そして、参加受け付け開始となります。
 
8月1日は暑い盛りで編み物のことは考えにくいですが、
次の編み物シーズンへ向けてスタートしますよ♪
皆様のご参加、お待ちしております。
 
2018_hana_imgp6166_2
 
この写真はオットが撮ってくれました。
かわいー!さすがプロのカメラマン!!
と、褒めちぎっておくと、またいい気分で頑張ってくれるでしょう♪
 

|

2018年7月 2日 (月)

『来春』のネックウォーマー

N413

 
 
ベストくつした、ぼうしと、いろんなニットとして発表してき『来春』。
ネックウォーマーとして編んでみると、ほかの作品にくらべて、
その柄模様はより優しい雰囲気にまとまりました。
 
ベスト、くつした、ぼうしと同じ『来春』ですが、
実はそれぞれの『来春』でゴム編みや、くつしたではかかやつま先で色の分量をコントロールして、色彩デザインを変えています。
 
ベストはシックに、ぼうしは可愛らしく、くつしたはポップで軽やかなイメージになるように。
それぞれいちばん似合うふちどり(ゴム編み)にこだわり、そして色遊びをしました。
 
首をいろどるネックウォーマーで探し求めたのは、
ふんわりと優しく、でもどこか凛としたイメージを伝えてくれる色彩とその組み合わせです。
 
ネックウォーマーですが、フェアアイルのビギナーさんにもおすすめです。
ショールと同じ作り方ながら、編む分量はずっと少なく、
また、フェアアイル独特の技法である
「スティークを作ってハサミで切る」という工程も体験できまよ♪
 

|

2018年6月19日 (火)

6月の“フェアアイル日和”終了

この土曜・日曜日の、フェアアイル教室が終了した次の日の大阪の地震。
関西方面から参加された方もいらっしゃるので、どのようなご様子か心配です。
もし・・・教室で岡山にお越しになっているときの地震だったら・・・と、ふと思ったり。
ご家族のことが心配で早く帰りたくっても、新幹線も動かず帰ることができない・・・ということもありえたのですから・・・。
今も余震が続いているので心配です。
どうぞくれぐれもお気を付けください。

そして地震がくる前の教室は、梅雨空を吹き飛ばしたかのように、わいわいと楽しいフェアアイル日和な2日間でした。

思うのですが・・・教室のいいところは、様々な編んでいるものを持ち寄るところですよね。
テクニックについても、自分自身はまだそこに到達していなくても、隣の方が編んでいるのを見てもう少し編めば次に起こることを知ることができます。
そして、前に説明を受けたのだけれどわたしももう一度聴きたいと、何度も苦手な箇所を皆さんとご一緒に確認することができます。

そして、今は手元にないten old の作品も、皆さまが編んでいることで「こんな色合いだったのね!」とたくさんの作品を見ることができますしね♪

そんな様子で進む“フェアアイル日和”、とっても楽しくあっという間の4時間のレッスンでした。
今回はどんなことについてご説明をしたのかというと・・・・・

・2色で編む二目ゴム編みの編み方と、二目ゴム編み止めの仕方と美しくとめるコツ。
・希望寸法に編むためにゲージから計算し、柄模様をきれいに入れていく方法。
・フェアアイルの手袋の指の編み方。
・柄模様を入れながらのベストの肩下がりの作り方。

と、この度は二目ゴム編みやベストの肩下がりなど、最終段階を編まれている方がたいへん多かったですね。
8月の教室がお休みなので、皆さましっかりと計画を立てて編み進められているご様子でした。

さぁ、来月の7月の教室で今年の前半の“フェアアイル日和”が終了です。
来るウールのニットのシーズンからスムーズにフェアアイルが編めるよう、しっかりと勉強いたしましょうね。
また、皆様とご一緒にフェアアイルのレッスンができるのを楽しみにしております!

|

2018年6月13日 (水)

6月の“フェアアイル日和”

気がつけばもう6月。
早いですね。
1年の半分です。
気持ちが焦ります。

突然ですが、来るシーズンに新作セーター展を開催します。
そして、その時に「ten old Fair Isle BOOK vol.3」も!と、考えています。

という訳で、カレンダーを眺めてはザワザワと焦るのです。
そして、頑張るぞーと気持ちを持ち上げたり。
ゆるゆるとですが、動き始めました。

そんな時に教室で皆様と過ごすと、気持ちがどんどんと前へ向いていきます。
楽しそうに編まれている様子を見ていたり、
新しく学ぶ技法に表情がキラキラとしていく姿から、
ふと20年前の夢中になっていた自分を思い出し、
フェアアイルという楽しい世界で仕事をしている幸せを感じます。

さぁ今週末となった教室では、皆さまはどこまで編み進んでいて、どんなご質問をいただけるのでしょう。
質問についてどんどんお答えしながら、編み進んでいる様子を拝見して次に来る大切なポイントなどしっかりとお伝えをしていきますね。

そして、6月のフェアアイルで発表した『トナカイの森のネックウォーマー』も持っていきます。
写真では見られないところも、じっくりとみてくださいね♪

ということでいつもながらご迷惑をおかけいたしますが、岡山での教室のため15日(金)~17日(日)の間のten old の業務はお休みとなります。
その間にいただきましたメール・ファックスの返信、荷物の発送などは18日(月)以降となります。
どうぞ、ご了承お願いいたします。

それでは、会場で皆様のお越しをお待ちしております。
楽しく編んで、たくさん勉強していきましょう!

|

より以前の記事一覧